噂は本当か?わきがはうつるのか?

わきがが感染、つまり「うつった」と言う人がいます。わきがの人の服を貸し借りしてうつった、わきがの彼氏、彼女と同棲してうつったという人は私の周りだけでも一人や二人ではありません。

また、ワキガの人が近くにおり同様の不安を覚えている人は決してすくなくないのです。結論から先に言えば



では、なぜわきががうつったと勘違いされることが多いのでしょうか?それは一時的に臭いがうつってしまう事があるからです。

わきがの人と服を貸し借りした場合には一定時間たっても消えなかったという人もいますが、それはワキガの人の菌が移動した為だと思われます。

菌が移動したのですから感染したと思われるかも知れませんが、あくまで一時的な話です。その菌が活動し続ける為にはアポクリン腺が通常よりも発達していなければなりません。要するに



のです。菌の移動よりもあなたのアポクリン線の状態が重要なのです。

一時的に臭いがうつったとしても、お風呂に入ってしっかり洗えばすぐに元通りになるのです。わきがは感染するようなウィルスでもありません。

うつるのではなく一時的に移動しただけです。わきがは病気ではなく体質なのです。わきががうつるというデマの噂が氾濫しておりますが、まったくもって遷ることはありません。

わきがの仕組みについて


臭いはうつるので注意が必要

わきがは感染、うつる事はないのですが



感染と勘違いされない為にも何度も言いますが体質はうつらないのですがわきがの人が放つ臭いはうつってしまうのです。

なので、近くにわきがの人がいる場合や一緒に住んでいる場合などは注意は必要なのです。

直接本人に触れて臭いがうつる場合や衣類などからも臭いはうつります。洗濯などを一緒にしたら臭いが移る場合もあるのです。

問題なのは同じスペースで長い間ワキガの人と一緒になるとわきがの臭いに対して鈍感になってしまう事です。

服に臭いがうつっても、臭っていると自覚することが出来なくなる場合もあるのです。

わきがの人は自覚があるのか?

当然、その衣類で外出しても服に臭いがあるのか本人から出ているのかは周りは区別できません。

そうなればあなたの服の臭いの指摘をする人が現れず気づかずにわきがの臭いを放ってしまう事になり続けます。

わきがの臭いはなかなか頑固で簡単には取れません。わきがでは無くてもワキガの人と同じ目で見られてしまう可能性はあるのです。

そうならない為にもわきがの人の服と一緒に洗わないようにしたり、干し終わっても一緒にしないほうが得策です。

わきががうつることはありませんが臭いはうつってしまうという事を肝に銘じておきましょう!


わきがの服の臭いについて

わきがの服の臭いについてご紹介です。特にわきがの人は、下着や服などの素材や種類に対しても注意しなければなりません。

素敵なデザインの服でも、気持の良いツルツルした肌触りの下着でも、



特にわきがの人の臭いは天然成分がおすすめ。例えば夏などは麻と木綿の混紡など通気性がって良いといわれています。

どちらも天然素材であり風通しも良く、常在菌などの増殖を抑えます。風通しが良い生地は、臭いを外に出してしまうように思われがち。

しかし一番大切なことは蒸れや高温を保つことなく、細菌を増やさないことが大切なのです。

特に合成繊維は蒸れやすく高温になりやすいということが、まず避けたい理由の1つとなります。

しかしそれだけではなく、わきが臭の成分と化学繊維が化学変化を起こしてしまうことがあるのです。

それによってより強い刺激臭を出すことになります。その上洗濯をしても1度化学変化を起こしてしまった臭いは、どうやっても取れないことがほとんど

化学繊維というとポリエステル、アクリル、ナイロン、レーヨン、ポリウレタンなど石油から作られている繊維ですが、これらをできるだけ避け、木綿、絹、ウール、麻などの素材を使った服や下着を着るようにしましょう。

特に下着は絶対に天然素材がおすすめです。また吸湿性や通気性の高い、速乾シャツなどであっても化学繊維は化学変化を起こす可能性が高いので注意しましょう。

例えば女性などはシホンやジョーゼットなど、薄くてふわっとした素材も着てみたいものです。そんなときにはシルクを上手に使ったものを選ぶようにしましょう。

また冬はセーターもアクリル混紡などたくさん出回ります。しかしできるだけウール100%のものを選ぶようにしたいものです。

また下着に脇パットを着けることのできるものもあります。それによって汗がだいぶ吸い込まれるので、洋服に汗を付きにくくします。

その上で服用の消臭スプレーなどをプラスするとより効果的です。


服の臭いは消せる?

わきが臭の対策は服や下着も臭いの原因となります。特にインナーや下着は、直にわきが臭の原因となる汗を吸い込みます。

アポクリン汗腺から出た汗に集まる常在菌がわききが臭を発生させますが、脇の下などは汗を拭いたりデオドラントを付けて殺菌することができます。

しかし服や下着に付いた常在菌は、普通に洗濯してもすべて殺菌することはできないのです。

そのため洗い上がったときには菌が減って臭いが薄くなっても、着て体温で温まると生き残った常在菌は急増して、もやもやとわきが臭を強めてしまいます

クリーニングに出しても特殊な洗濯をお願いしないと、わきが臭の原因の常在菌は完全に殺菌されません。それに下着などは、クリーニングを断られることもあります。

そこで自宅で洗濯する場合、わきが臭をしっかり取るための洗うコツをご紹介しましょう。

最近はわきがに効く洗剤も販売されています。しかし普通の洗剤であってもしっかりきれいに洗濯することができます。

そこでまず洗濯の前に漂白剤を薄めたお湯(50~60度)に、軽いわきが臭なら1~2時間、強いわきが臭なら1晩漬け込んでおきます。それから普通の洗剤を使用して、普通に洗濯機で洗濯しましょう。

また部屋干しは、干している間に雑菌が繁殖しやすいので、必ず外乾しをするようにします。

そして漂白剤を使用することで、わきが汗の特徴とも言える、黄ばみなどもきれいに取ることができるというメリットもあるのです。

また、だいぶ着古した古着などは、なかなか臭いが取れないものもあるので、思い切って処分することも考えましょう。

そしてインナーや下着などは1日着たら洗濯するようにし、上着など家で洗えないものはクリニーングでわきが専用の洗濯をしてもらいます。

もちろん上着は毎日洗うことはできないので、着終わったらファブリーズなどを内側の脇中心にしっかりスプレーしておきましょう。

強力な殺菌力があるので、菌の繁殖を抑えることができます。せっかくデオドラントで体臭を抑えていても、下着やインナー、服などから臭ってしまってはもともこもありません


わきがの服の消臭はミョウバンで

わきがの人の服は、どうしても消臭や黄ばみ落としをしたいところです。特に下着は洗濯してもなかなかわきが臭や黄ばみが取れないことも。

そこでミョウバンを使ってつけ置き洗濯をしてみましょう。この方法はわきがの人だけでなく、洗濯してもなかなか落ちない加齢臭などの付いた下着などにも効果のある方法です。

まずミョウバンつけ置きの原液の作り方のご紹介をしましょう。必要なものは「焼きミョウバン」「空瓶」「水」と、この3つだけです。

焼きミョウバンはスーパーなどで、漬け物用品売り場に置いてあることが多く、50~60g用意しましょう。価格は大体100円前後と、とても安価でつくることができます。

もし焼きミョウバンがなく生ミョウバンの場合であれば75g用意しましょう。

空き瓶は2リットル用のペットボトルでもOKです。水道水を空瓶やペットボトルに1.5L入れます。

そこにミョウバン50~60g(生なら75g)を入れて、そのまま蓋をして2~3日置いておきます。このとき涼しいところに置くようにしましょう。

ミョウバンが溶けて透き通ったら使用でき、これがミョウバンの原液となります。

洋服をつけ置きする場合は原液を10倍に薄めます。原液カップ1だったら、水カップ10。ここに下着などを1時間程度漬け込んでから普通に洗濯をしましょう。

アンモニア系の臭いを消臭するため、わきがのツーンとした臭いを消すことができます。

また、わきがの人の下着などは、黄ばみも気になるところではないでしょうか。そこで漂白剤も入れて洗濯するといいでしょう。

しかし漂白剤を入れても、黄ばみがなかなか取れないと感じている人もいるはずです。そんなときには漂白剤



アポクリン腺に含まれているさまざまな成分や皮脂が混ざって、わきが汗の黄ばみになっています。

これらの臭いや黄ばみは、ほとんどが酸性傾向を示すものなので、漂白剤や洗剤はアルカリ性傾向を示したものをチョイスしましょう。


衣類用消臭スプレーの仕組みと成分について

わきが脱臭スプレーには肌に直に使うものと、衣類に使うものがあります。肌と衣類と両方から消臭を対策することがベストです。

ここでは衣類用消臭スプレーについての仕組みや成分をご紹介しましょう。まず汗の臭いは一般汗でもわきが汗でも、汗そのものの臭いは無臭です。

しかしそこに常在菌が集まってくると分解しながら増殖。このときに発生する臭いは、一般汗とわきが汗では臭いは違うものの臭いのメカニズムは同じです。

つまり常在菌が集まるのは肌でも服でも同じあり、臭い発生は肌からも同じこと。肌の脱臭スプレーを使用するなら、衣類の脱臭スプレーを使用するのも当たり前。

肌でのデオドラントは汗の発生を抑制したり、肌から出た時点で常在菌を殺菌する働きが重要であり、汗を吸い取る服のデオドラントでは常在菌の殺菌と消臭が重要になります。

消臭スプレーのメカニズムには物理的な吸着し臭いの消臭、マスキング消臭、生理的消臭、化学的消臭などがあります。

これらの消臭のどれかに特化したものや、複合した商品がいろいろ出回っています。

まず物理的消臭とは臭いの小さい粒を物理的に吸着する方法や、何かに閉じ込めて空気に飛ばないようにするという方法があります。

そしてマスキング消臭とは別の良い匂い、強い臭いでごまかすという方法で、無臭化することではなく、人の鼻機能に錯覚を起こさせるというものです。

しかしわきが臭にもいろいろなタイプがあり、マスキングのための香りと相性が悪いと、より強い悪臭になってしまうというデメリットもあります

次に生物的消臭は、わきが汗に集まり分解する常在菌が代謝物として悪臭を出すため、この臭いの元となる常在菌に対応するのが生物的消臭です。

つまり殺菌、除菌によって細菌を殺します。ただしこの方法は



元を絶つために働きますが100%絶つことができない限り、消臭効果のある成分と複合して利用することが大切になります。

化学的消臭は反応消臭、分解消臭、イオン消臭とも言われていますが、臭うかたちを臭わないかたちに化学的に変化させる。

悪臭の元を絶つのではなく、出た悪臭を化学変化させて臭わなくしていく方法になります。


インナーで対策

わきが臭対策には強力な殺菌力を持つデオドラントは基本ですが、それプラスいろいろな対策を重ねることで完璧な対策ができるのではないでしょうか。そんな対策の1つにインナーによる対策があります

インナーと一言で言っても、いわゆる肌着、タンクトップ、ノースリーブインナー、半袖インナー、キャミソールなどいろいろあります。これらの脇の部分に汗取りパットが付いているものが臭い対策におすすめなのです。

これらを着ることで上に着るカーディガン、Tシャツ、ジャケット、ブラウスなどに汗が付きにくくなります。そのため毎日これらの汗取りパット付きのインナーをしっかり洗濯しておけばいいのです。

また素材はできるだけ綿の方が黄ばみにくいのでおすすめです。化学繊維は一度色が付いてしまうと汗の成分と化学変化を起こしてしまい、洗濯をしても取れなくなる場合もあるので注意しましょう。

また、ものによっては臭いも取れなくなる場合もあります。

そして綿であっても洗濯は普通の洗濯では臭いが取れないこともあります

そのため洗濯する前に重曹を入れたお湯につけ込んだり、漂白剤を入れた水につけ込むなどしてから、普通の洗濯をしましょう。

そうすることでインナーの臭いもすっきりとれるので、いつも清潔にしていられるのです。多くの人に愛されているユニクロでも汗取りパット付きのキャミソールなど、人気商品となっています。


テープ、ラップでわきが対策

わきがの対策として、まず強力な殺菌力を持つデオドラントは是非使用しましょう。わきがの臭いはもともと汗の成分に群がってくる常在菌の代謝物の臭いと言われています。

わきが汗に群がる常在菌をよせつけなければいいため、殺菌力の強いデオドラントでできるだけ殺菌してしまうと、わきがの臭いをシャットアウトするということができます

しかし汗はすぐに下着や洋服にも染みてしまうのです。しかし下着や洋服の脇の部分にはデオドラントを塗るわけにはいきません。

そこでテープやラップを利用して、汗を下着や服に付けないようにするのです。ラップを20㎝四方にカットし、それを脇に当てます。

次にラップがずれないように対角線に2本テーピングして肌に止めることで、ずれないように固定します。

ラップを20㎝四方にするのはゆったり脇に当てられるようにするためです。

あまりラップをぴったり肌に付けると蒸れてしまいますが、2本のテーピングなら蒸れずに汗を直に下着や服に付けないようにできます

デオドラントをしっかり使用していれば何回も拭くこともないので、外出している間はずっとラップをテーピングで押さえておけば安心です。

もしデオドラントを付けていない場合でも、この方法で下着などに付けないようにするのはおすすめですが、1時間ぐらいできれいに拭くことが原則となるので、そのたびにラップを替えることが必要となります。

下着や洋服にわきがの強い臭いが付いてしまうと、普通に洗濯をしても体温で温まるとまた臭ってきてしまいます。そのためにもこの方法は是非おすすめです。


遺伝はする

わきがは簡単に言えばアポクリン線が通常よりも発達している体質です。アポクリン腺から分泌された脂質、タンパク質などに常在菌によって分解され臭いを発生させています。

この体質はうつることはありませんが遺伝することはあります。父から子、母から子、子から孫へと遺伝されることもあるのです。

一部ではその可能性は50%とも言われています。両親ともワキガの場合にはさらに可能性は高まります。



実際に親子で手術をする人もいらっしゃるくらいですからわきがが寛容にならなければ代々、手術して治すという家系もあるかもしれません。

それはもう、運命として諦めるしかありませんが治療することが出来る現在、コンプレックスは積極的に排除して心も豊かに生活をしていってほしいと思います。

ワキガの発祥地アポクリン汗腺


うつらないという事をもっと知って欲しい



わきが体質でなければわきがにはならないのです。一時的に菌が移動し臭いがする事があっても生息出来ない。これが答えです。

不愉快にさせる独特な臭いもさることながらうつると誤解されている事が多いためにいじめ、軽蔑、差別など様々な態度を取られている人もいます。

うつるかもしれない・・・、うつったかもしれないという不安から悪気なく噂が広まっていると思いますが、嘘の噂のせいでわきが体質の人が異常に敬遠されてしまっている現状は良い事ではありません濡れ衣なのですから!

ただ、わきがが人にうつらないからと言って放っておいてよいという事も無いと思います。酷な言い方ですが誰だって他人の不快な臭いは嗅ぎたくありません。

うつらないという事実を広くもっと認知してもらい、わきがの事を理解してもらえる時が来ることを願います。そしてわきが体質の人は自ら気づきしっかりと治療してもらいたいと思います。

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)