効果ある?わきが専用のデオドラント・クリームで対応

わきがの悩みを解決するのに



です。根本的にわきがを治す唯一の方法だと言われています。しかし、手術も100%ではありません

手術そのもののリスクはもちろん、再発の可能性、手術跡の問題などそのリスクも少なくは無いのです。

そこで手術以外の対応策として最有力されているのが「わきが専用のクリーム」、「わきが専用のデオドラント」などの商品を利用するという方法です。

根本を根絶やしにする方法ではありませんが手術を回避しつつ臭いを抑える方法てっとり早く今の臭いを解消させる方法として多くの人が利用しています。

最近はいろいろ研究され、様々な有効成分により



効果も高まり、持続性も長く満足できる商品がたくさん登場しています。今は臭いを消すは、他の臭いで誤魔化すのでは無く、殺菌作用や制汗により臭いを発しないようなメカニズムで商品化されています。

敏感肌の人やアレルギー体質がある人の場合には荒れてしまうという可能性が無いわけではありませんのでノーリスクとまでは言いませんが、肌に優しい成分で作られている事が多いのでリスクなく始められるというのが根本治療の手術をせず、デオドラント商品を利用している人が多い理由なのかもしれません。

わきがの根本治療ではありませんが、手軽に、とりあえず臭いというものを抑えられるという事で便利です。ただ、根本を治すわけではありませんので使い続けなければなりません。

1回の費用はわきが手術に比べればデオドラント商品は微々たるものですが、継続した使用でわきがを対処しなくてはなりませんので



しかし、1回の支払いは数千円程度なので誰でも今すぐ気軽に始めることが出来ます

継続的な出費は気になりますが、そこは定期購入などで申し込む事により安く購入できるので少しでも安く買う事をお勧めします。


多汗症も関係するデオドラントクリーム

わきがと多汗症は混同されがちですがまったく異なるものです。ただ、デオドラント商品によく出てくる病名です。

両方とも汗が関係しており、臭いの問題が出てくるため両方に対応した商品が数多く出回っています。

もう一度簡単に整理して考えるとわきが「アポクリン汗腺」が活発になり独特の臭いを発するのに対し多汗症「エクリン腺」からの汗が異常に分泌されるものです。

ワキガの発祥地アポクリン汗腺

デオドラントクリームはこの汗に付く臭いの元の細菌を抑えるとともに汗そのものを抑える効果の成分が含まれています

制汗」と記載されていると思いますが汗を抑えることでそもそも細菌が常駐しないように作られているのです。

だからわきが対策クリームの多くはこの多汗症の人も対象とした商品となっているのです。ただ、併発している人も少なくありません。

汗によってデオドラント商品が流れてしまう問題が生じないように制汗成分も含まれているという意味もあります。


軽度と重度のわきがによって違う?

自分がわきがかどうかも気づきづらいものですが、わきがにも軽度、中度、重度があります。自分がどれくらいのレベルなのかは自己判断することはさらに難しいように思います。

ただ、デオドラントクリームを選ぶ際に、重度の人と軽度の人が同じ商品でも大丈夫なのかは気になるところです。

・重度の人のわきがの臭いもしっかりシャットアウトすることが出来るのか?
・重度も対応できるようなクリームを塗って皮膚に負担が無いのか?
・そもそも、わきがのレベルによって商品が分かれているのか?

疑問は尽きません。

基本的に軽度用、重度用とは別れていない為、よく効くかどうかが選ぶ基準だと思います。

重度なら強力な消臭力のある商品を選ばなければ消えないかもしれませんし、軽度ならそこまでの消臭力が無くても消すことが出来るかもしれません。

ただ、重度の人のわきがはデオドラント商品を使用しても防ぎきれないといった口コミも目にする為、本当に効果がある商品を選ばなければならないかもしれません。

軽度、中度、重度に関わらず一般的な汗の臭いをカットする制汗デオドラントクリームでは無く殺菌力、消臭力が強力なわきが対応のデオドラントクリームを利用しなければワキガの臭いを消すのは難しいかもしれません。


わきが対応のクリームは治療になるのか?

わきが対応のデオドラントクリームを塗る事でワキガが治療され治すことが出来るのか?という期待があるかもしれません。

残念ながら体質改善が目的では無く今の臭いを消すための物であり塗る事によって臭いが気にならなくなっても効果が切れればまたワキガの臭いは発します。

デオドラントクリームはその場しのぎでしかありません。やはりわきがの治療は外科的な手術しか方法は無いようです。

ただ、手術も再発や傷跡、痛みなど様々なリスクもあり簡単に踏み出せるものではありません。

よほど深刻な状態でない限り手術という選択はなかなか出来ないのではないでしょうか?その場しのぎとは言え食生活も含め生活習慣を変えることで体質改善は可能で臭いが軽減される事があります

とりあえずその場しのぎでも改善に向かう事はあるのです。クリームよって直接改善されるわけではありませんが、改善させる時間を与えてくれるものかもしれません。


男女でデオドラントクリームは異なるの?

体臭というと男性のイメージが強いですが、わきがとなれば意外にも女性のほうが臭いが強い事があるようです。男性よりもわきがの根本の原因であるアポクリン汗腺が多いことがその理由のようです。

男性よりも数倍も多いそうなので臭いがキツくなるのも頷けます。ただし、デオドラントクリームのほとんどが男性用、女性用と分かれている訳ではありませんので男女兼用で使用する物ばかりです。

体質改善などならホルモンの関係など別の成分が必要かもしれませんが、殺菌する、汗を抑えるという作用に男女の区別はありません

ただ、女性にうれしい成分が多く含まれているものもあるので明確な区別はありませんが、多少メンズ用、レディース用と思われるクリームも存在します

女性に好まれるのは女性誌などの広告でも多く見られます。大体、パッケージを見れば想像できるような感じですがわきがの臭いを消すという目的では差がありませんので自由に選べば良いと思います。


子供のデオドラントクリーム

わきがは大人だけの話ではありません。子供でもわきがはあります。多感な時期に可哀そうですが成長段階である子供の時期の手術はあまりオススメされていません

しかし、それを放っておくこともできない為デオドラントクリームで対処しようと考える人はすくなくないと思います。

しかし、店舗などでよくみかけるデオドラント商品は臭いを消すことを念頭に作られている為、香料も含めたくさんの添加物が使用されています。さらにワキガの臭いには効果がないものがほとんどです。

わきがの臭いを消すためには強力な殺菌力、そして消臭力をもち、それが長く持続しなければなりません。

そこで、殺菌力も強く持続性もある、わきが対応のデオドラント商品を通販で探す必要があります。

その中で出来るだけ天然の原材料を使用し肌に優しい成分が使用されたデオドラント商品を探すべきです。

殺菌力が強力なのに、肌に優しいというのは考えにくいかもしれませんが、実際にそのような商品は多いです。ただ、欠点はその分価格が高くなります

本来、臭いを消す為にも必要な保湿なども考えて作られており天然の植物エキスを使用するなど肌への配慮も高い意識で作られています

多少、高くなっても子供にわきがで辛い思いをさせない為にもより良いデオドラントクリームを使用して貰いたいものです。


デオドラントが効かない?

デオドラントというとスプレーやスティック、クリームタイプなどがありますが、薬局でもネットでもさまざまな種類が出回っています。

これらのデオドラントすべて効果があるかというと、その辺はいちがいには言い切れません。

特にワキガの人にはあまり効かないものもたくさんあります。相性は自分の体臭との相性があります。臭いの種類、臭いの度合いなどによっても効果がないものも当然あるのです。

またワキガの人によく効くデオドラントが、一般の汗臭さに効果があるとは限りません。つまり



なのです。

またデオドラントの使用法が間違っている人も結構いるようです。例えば汗や汚れがついたままデオドラントを使用しても効果は低下してしまいます。

特にワキガの場合はアポクリン腺から出る汗はとても臭いが強いもの。そのためデオドラントを使う前にしっかり綺麗な状態で使うべきです。

例えばお風呂上がりが一番ですが、もし外出中なら温かいお湯で絞ったタオルでしっかり脇の下を拭き、消毒スプレーをしてから使うと、だいぶ効果は高くなります。しかし



特に夜寝る前だけでなく、朝起きたときにもお風呂かシャワーを浴び、清潔にしてから使うようにしましょう。

また自分の感覚の問題ということもあります。例えば汗の臭いに敏感になってしまうと、少しでもその臭いを強く感じてしまうことも。

自分だけが、より敏感にその臭いを感じて苦しんでいるということもあります。他にも体だけでなく、汗をかいた服に雑菌が増えて悪臭を放つ場合も。

そのため清潔な衣服を着用するようにしましょう。

そしてワキガを手術せずにデオドラントを使って本気で抑えるなら、重度のワキガでもおすすめの「クリアネオ」や、少し高いけど強力な消臭力の「ラポマイン」、伸びの良い女性に人気の「デオプラスラボ」、二度塗りで効果抜群の「ノアンデ」、抑汗力が魅力の「クリアンテ」などが人気です。


わきがクリーム・デオドラントに含まれている有効成分

わきがクリーム・デオドラントに含まれる有効成分について考えてみましょう。わきがは普通の脇の下の汗臭さと違い、特殊な臭いを持ち、特別強い臭いを持っています。

そのため一般のデオドラントではなかなか臭いを消すことができません。そんなわきが臭をしっかりシャットアウトさせることのできる成分のご紹介です。

【柿渋エキス】


わきが消臭にはとても有効だと言われている柿の渋の部分のエキスです。柿タンニンというポリフェノールの一種が豊富に含まれており、消臭や殺菌パワーがとても強成分です。

わきがの臭いを抑えるには消臭だけでなく、わきが汗にむらがる最近を殺すことが重要です。その二つの働きが揃っているのが柿渋エキスなのです。

タンインはお茶にも含まれていますが、柿タンニンはお茶のなんと25倍といわれており、わきがのしつこい臭いをすっきり解消する力があるのです。

天然成分なので肌にも優しいのでとても人気があります。男性の加齢臭などの消臭にも使われている成分です。デオドラントクリームだけでなく、石けんなどにも人気の成分です。

【ミョウバン】
古代ローマ時代から消臭、防水剤として利用されてきた複塩の結晶です。わきがの消臭や殺菌にも効果があることからデオドラントとしても利用されています。

天然成分なので安心して使用することができる成分です。収れん作用があるため、汗や皮脂を抑える働きもあり、汗をかく時期にはより有り難い成分とも言えそうです。

また水虫、あせも、アトピー、スソガなどにも効果があると言われています。

【カテキン】
緑茶は消臭作用があることは意外と知られているようです。口臭剤などにも使用されています。カテキンはわきがの抗菌、消臭効果があります

【イソプロピルメチルフェノール】
別名シメン-5-オールとも言います。わきがの人の皮膚に大量に存在する常在菌の一つのコリネバクテリウムキセロシスという菌は、汗にむらがり、わきがのあの臭いを代謝します。

この菌を殺菌するのに有効な成分が、このイソプロピルメチルフェノールなのです。殺菌力が強力で消毒作用もあり、保湿力も高いので、肌を傷めないというメリットも。

【パラフェノールスルホン酸亜鉛】
汗をおさえる収れん作用が高く、他にも殺菌力も高い成分です。脱臭効果も強力でわきが臭も消臭します。わきが臭に群がる菌の殺菌にもしっかり働く成分です。

【ドクダミエキス】
抗菌作用、解毒作用が強いドクダミから抽出した成分です。ドクダミの茶葉を脇に挟んでしても消臭すると言われているほど消臭力の強力な成分です。

【シャクヤクエキス】
シャクヤクから抽出したエキスで天然成分です。抗菌、抗酸化作用が高く、さまざまな消臭抗菌商品に使われています。皮脂分泌を抑制する働きもあり、皮脂臭を抑えます。

【ワレモコウエキス】
ワレモコウという植物の一種で皮脂分泌を調整する作用があるため、消臭剤に使われることが多い成分です。

【ヨクイニン】
別名はハトムギです。保湿不足脇は皮脂コントロールがうまくできないことも。そのため皮脂が異常に多く分泌することもあり、よりわきが臭を強くします。

ヨクイニンは肌の保湿に働き、それによって皮脂分泌を正常に。直接消臭をする成分ではありませんが、多くのデオドラントに使用され、肌の保水を行う成分として使用されているのです。

【アルコールデナ】
エタノールのことでわきが菌などの細菌を殺菌する働きがあります。

【アルミニウムクロリッド】
別名塩化アルミニウムのことを指します。汗の中の塩分に反応します。臭いの元とも言われているアポクリン汗腺の中で、汗を抑える物質を作るのです。

そしてその物質が角質をつくりアポクリン汗腺自体に蓋をします。つまり臭いの元となる汗自体をかかないようにしてしまう効果があるのです。

【アルミニウムラクタート】
汗に働く成分です。アルミニウムクロリッドは汗を抑制しますが、痒みや炎症を起こすことがありますが、それを中和する成分となります。

【保湿、汗分泌抑制効果のある植物】
保湿成分と汗分泌抑制効果の高い成分を持ち、ワレモコウ、ドクダミ、ハトムギ、シャクヤクなど上でご紹介したもの以外のご紹介です。

シナノキ、オウバク、オトギリソウ、ローマカミツレ、ヤグルマギク、トウキンセンカ、サクラ、モモなどがあります。


外国製のデオドラントクリームの実力は?

わきがの人が好んで愛用するデオドラントクリームは国内のみの商品ではなく海外の商品も使用しているという人もいます。

国内の物に比べ強力との呼び声もある海外製のクリーム。はたしてその実力はどれほどのものでしょう。

全てではないので平均的な話でさせてもらうと確かに消臭力は国内の物に比べ効果は抜群といった声も少なくありません。

特にイスラエルの「ラヴィン」という商品は独特の香料があるものの消臭力は高いと評判です。

確かに普通の日本人は毎日風呂に入り割と清潔な人が多いですが、これは海外でも同じとは限りません。そう考えれば臭いのキツさで言えば海外のほうが強烈なのかもしれません

それに対応しているデオドラントクリームなので国内の商品に比べ強力という意見は多少納得してしまう部分もあります。
   
国内の商品は肌への負担などが過剰に配慮されているという印象もありますので海外のクリームはわきがの臭いを消すという最大の目的に応えてくれる印象を持つ人も多いのではないでしょうか。

しかし、使用したことにより痒みがでたという人もいるようで

とはいえ、日本で採用されていないという事は日本の基準で疑わしい部分があるとも考えられます。

問題がなければ数年後にはおそらく日本にも出回ります。それまでは国内の安心できるデオドラントクリームを選んでも良いのではと思います。

国内のクリームもわきがの人を対象にした商品では殺菌力も、消臭力も結構強力に働いています。まずは安心の国内のものを選んでみて、もし本当にそれでも効果がなければ試してみるという順番でも良いと思います。


わきがの人のデオドラントの選び方

わきがの人にとって、臭いを抑える方法は手術をするか、デオドラントということになります。

手術は結構大がかりで手術代も結構高いものに。そのわりに完全に臭いがなくなるとは限りません。

そこでデオドラントでわきが臭を抑えようと考えている人も多いはず。また手術をして完璧でない部分を、デオドラントでカバーするという人もいます。

デオドラントというと薬局でもネットでもたくさん出回っていますが、薬局のものは一般の人の汗の臭いを抑えるものが中心と考えるべきでしょう。

わきがの臭いに対応できるデオドラントは、やっぱりネットの方が専門のデオドラントが多いと言えそうです。

ただし薬局のものより価格は高め。そのため4,000円~5,000円程度の予算を考えておくといいでしょう。

わきがの場合はアポクリンという汗腺から出る汗に、タンパク質や脂肪酸、糖質、アンモニアなどの成分が含まれているため、常在菌が代謝すると独特の臭いを発します。

この臭いをごまかすために、香りの強めのデオドラントをつける人がいますが、逆により強い臭いになってしまいます

わきが臭に対するデオドラントの選び方は、まず無臭であるということが大切です。アポクリン汗腺が少ない人の場合は、わきがとまで言えない場合もあります。

しかしアポクリン汗腺を持っている以上わきが臭をもっているので、自分の脇の臭いに少しでもわきが臭があると感じたら、無臭のデオドラントを選びましょう。

もちろん重度のわきがの人は、



そして抗菌、殺菌作用があることも重要。わきがの人の汗でも出たときには臭いはありません。出た汗の成分を好む常在菌が代謝したものが悪臭を放ちます

つまりそれらの常在菌を減らすための殺菌力と、汗自体を抑える力。そしてわきがの臭いを分解する消臭力のあるトリプル効果がをもったデオドラントが、わきがの人が選ぶときの大きなポイントになります。


わきが対応のクリームは通販がオススメ

消臭デオドラント商品はいまやコンビニでも販売されています。しかし、わきが専用、わきが対応のクリームはなかなか店頭で探すことが出来ません

薬局などドラックストアには多少置いてあるところも有るかもしれませんが多くは通販で販売されています

楽天amazonなどでも購入できるものもありますが、公式サイトからの注文しか手に入らないものまであります。

しかし、口コミなどを確認してみると評判の良い商品の多くがそのような販売方法を取られているます。

わきがの臭いは一般的なデオドラント商品では殺菌力も弱く持続性も短い為なかなか消すことが出来ません。わきが専用のクリームでなければ意味がない場合が多いのです。

ただ、わきが専用となると普通に店舗で市販されている事が少ないです。

殺菌力、消臭力が強力で持続性もありわきが対策にピッタリなわきが専用デオドラントクリームは、やはり通販が多いです。わきが対策の商品は通販がオススメです。


ワキガクリームの効果を口コミで確認

せっかくわきが専用のデオドラントクリームを購入するのですからしっかり効果を発揮して臭いを完全に消してもらわなければ高いお金を出して購入する意味がありません。

わきが専用のクリームとなればその消臭、殺菌力が強力な分、一般的なデオドラント商品に比べ多少割高です。その商品がきちんと効果的に臭いをシャットアウトしてくれる商品を選ぶ必要があります。

デオドラント商品を比較したり、ランキング形式で紹介されたり多くのお役立ちサイトがあります。

どうせ選ぶなら多くの人が支持している人気のデオドラントクリームを試したいという気持ちがあると思います。

通販商品が多いためやはり参考になるのは使用した人の口コミです。

ただ、個人差もありどこまで信用してよいのか疑問な部分もありますが唯一、その商品の良し悪しをはかる指標なだけに参考程度には確認しておきたいものです。

アットコスメのような口コミサイト、2chなどの掲示板で検索すれば簡単に見つかります。また、楽天などのランキングを見ればあくまでも人気ですが何が売れているのかが分かります。

ただ、本当に参考にしたい良かった部分ではありません。効果がなかった、効かないといった意見を参考にするべきです。効果があるという意見はその為の商品であり、その為に作られた物なので当たり前のはずです。

そんな商品が効果が無い理由は何なのかを知っておく必要があるのです。少なくとも購入して失敗するリスクをあらかじめ知っておくことが大切だとおもいます。


デオドラントクリームの使い方

多少高いお金を出して購入したデオドラントクリームを正しく効果的に使用しなければその効果を最大限に発揮させることが出来ません。

自分の使い方が間違っていて効果が無いと判断してしまう人も少なく無いかもしれません。

まず、女性の場合は迷わずわき毛は剃っておきましょう。臭いを発する細菌が住みつく環境を少しでも排除することが重要です。軽度のわきがならそれだけで大きな効果があります。

また、邪魔な毛が無い分、クリームが塗りやすいというメリットもあります。女性にとってわき毛の処理はエチケットのようなものなので剃る事にデメリットはありません。

そして塗る際には脇汗はしっかりとふき取ってから使用します。出来れば汗を拭きとるだけでなく濡れたタオルなんかでしっかりと拭きとりたいところです。まず清潔な状態で使用することが重要です。

そして臭いが強くなる前に塗る事も重要です。その為、風呂上りなどは効果的のようなので是非塗っておきたいです。

また、就寝中も菌は発生します。就寝前もしっかり塗ってから就寝し、朝出かける前にも綺麗な状態で塗れば効果的に臭いを抑えることが出来ます。

最後に、途中でニオイそうだと思ったらしっかりと濡れタオルでふき取ってからこまめに塗る事も大切です。

最近は持続性の高い商品も多く1回で十分なものもありますが、個人差もありますのでその当たりは一度、使用してみてどれくらいのタイミングで再度塗れば良いのかを確認しつつ使用すると良いと思います。

デオドラントクリームの他にシートタイプやスティックタイプのものもあります。

クリームが持続性、効果で経験上オススメですがどれも使用方法をしっかりと確認し最大限効果を発揮する使い方をするべきです。

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)