想像と違う?わきが手術の手法

わきがの手術はわきがの根本的な発生源でもあるアポクリン汗腺を除去してわきがを治療します。

昔はザックリとわきの皮膚を根こそぎ除去していましたので多量の血も出ますし、ノースリーブなどが切れないほど大きな跡が残りました。

わきがの手術と聞くと未だにこのような事を想像している人も少なくないと思います。

しかし、わきがの手術も年々進化しておりアポクリン汗腺を除去する手法と言うのもたくさんあり、



わきが手術といってもその手法は実にたくさんあるのです。今では日帰りでも可能な手術すらあるのです

切除法と呼ばれる今となっては過去の手法ですがアポクリン汗腺、エクリン汗腺を根こそぎ除去する方法は手術の範囲が広く傷跡も大きく目立っていました。

ワキガの発祥地アポクリン汗腺

そして術後も2週間以上安静が求められ引っ張って皮膚の縫合をしていたので治療後は腕が上がりにくくなり動作が不便になるといった手術をするデメリットもかなり多かったです。

せん除法と呼ばれるわきの下に切れ目をいれ、ひっくり返して目視で汗腺を切除していく方法もあり術後のつっぱりは解消されますがこれもまた、高度な技術を要し治療に時間もかかり傷は残ります。

さらに皮下組織削除法という特殊ローラーが付いた器具を使用し均一に汗腺を除去する方法などもあります。


現在のわきが手術

現在のわきがの手術にはメスやハサミだけでなくレーザーやボトックスなどを使用してエポクリン汗腺を切除したり、吸引したりなど様々な方法があり選択肢はいくつもあります。

完全に除去する完全摘出法もあれば永続的なものではなくてもボトックス注入など

アポクリン汗腺を吸引して取り除くシェービング法など症状や予算によってわきが手術が行えるのです。

レーザーを使用してエポクリン汗腺を除去するのではなく機能を無効化する手法なら皮膚を切らずに治療する事すら出来るのです。

こうした手法が新たに開発されるにつれて、傷跡も一ヶ所だけで済むようになり傷の大きさもかなり小さく済むようになりました

傷が小さく済むという事は入院する日にちも少なく済み方法によっては日帰りも可能になるのです。わきが手術も医学の進歩と共に気軽なものになりつつあります

わきが手術の費用について


直視下剥離法

簡単に言えば医師が直接目で確認しながらアポクリン汗腺をはがして切除する方法でわきがの最新手術です。直接見ながら切除することでアポクリン汗腺を取り残すことなく



さらに言えばアポクリン汗腺を狙って切除しますので神経や血管などを無駄に切ることも無くなる為、出血も抑えることが出来ます。

気になる傷跡ですがわきのしわに沿ってメスを入れる為、半年ほどで目立たなくなるそうですが、直接見れるだけの視界確保のためには通常よりも傷跡は広くなります

それがこの術式の欠点と言えば欠点です。今のところ再発の可能性を極限まで抑えられ、かつ少ない傷跡で済むわきが手術の方法です。

ただ、エポクリン汗腺を直接見ながら一個一個確認しながら摘出していきます。

他の術式がごっそり摘出するのですが直視下剥離法はエポクリン汗腺のみを摘出しますので摘出したエポクリン汗腺を見れば量が術後に分かります。

ただしそのような方法なので必然的に時間を要します(最低1時間以上)


再発しないわきがの手術って?

わきが手術の後で再発することもあります。しかし絶対に再発しない方法はないのでしょうか。

その辺のことをしっかり知っておくと、わきが治療の失敗を防ぐことができそうです。

わきがの手術にはいろいろな方法があります。手術法として直視下剪除法というのは3~4㎝皮膚を切り、アポクリン腺を医師の目視で一つずつきれいに取っていくものです。

本気で絶対に再発しない手術をしたいなら



しかし、この手術でも医師の技術がともなわなければ、絶対に再発しないとは言い切れません

そこで再発をしないためには、確実に医師の技術はとても重要になります。わきが専門に経験の長いしっかりした医師を選ぶようにしたいものです。

直視下剪除法の手術以外は、超音波を使った除去法吸引除去法などがあります。クリニックによって○○法という独自の手術法をうたっていても、結局この3つが主流になっているようです。

しかし絶対に再発しない手術法は、技術もきちんとあった医師による直視下剪除法しかないと考えておきましょう。

しかし他の2つの方法と比べると、やはりメリットばかりでなくデメリットもあります。まず手術時間が2つの方法は30分程度ですが、直視下剪除法なら2~3時間近くかかってしまいます

手術の跡も直視下剪除法は残りますが数年で分らなくなります。他の2つは小さな穴だけなので跡はすぐになくなります。

脇の脱毛は直視下剪除法では100%できますが、他の2つはできません。わきがの臭い除去効果は、やっぱり確実に直視下剪除法の方が優性となります。

そして再発率も確実に直視下剪除法は0%に近くなります。ただし医師の技術によっては、再発もありえるといった状況です。

直視下剪除法の場合、保険外治療だと両脇で20万から30万程度が相場ですが、医師が認めた場合は保険適応もでき、両脇に5万円程度になります。

わきが手術は再発するのか?


傷跡の残らないわきが手術について

わきが手術で傷跡が残るのは、女性にとっては特に避けたいことではないでしょうか。

今は傷跡が残らないわきが手術法もあるので、メリット、デメリットも含めてご紹介したいと思います。わきが手術は大きく分けて直視下手術非視下手術との2つに分れます。

直視下手術は脇の下の皮膚を3~4㎝切って皮膚をめくり、目視しながらアポクリン腺をすべて取りのぞく方法です。しかしどうしても大きな傷が残ることになります。

非視下手術はレーザー、超音波、専用機器を使ったり、小さな傷から吸引する方法などがあります。どれもメスを使わないので、傷が残らないわきが手術として人気があります。

非視下手術は傷が付かない代わりに、目視せずにアポクリン腺を取るので、すべてきれいに取りきれない場合もあります。それによって



もちろん直視下手術であっても、技術の低い医師による手術なら再発率は高まりますが、技術の高い医師なら100%に近く再発はありません。

傷はどうしても残ってしまうということになりますが、同じ傷跡でも医師の技術によって目立ち方がだいぶ違います。

そういう意味では技術の高い医師による直視下手術が、一番再発もなく傷跡も目立たないのでおすすめかも知れません。

しかし、まず最初は非視下手術で傷跡なしの手術をして、どうしても再発するようだったら、直視下手術を受けるようにしてもいいかも知れません。

非視下手術でも再発しない人もたくさんいるので、それに賭けてみるのも一つです。

しかし、再発したときには直視下手術をする覚悟と、手術代が2倍かかる覚悟をしておくことが必要があります。

料金としては、直視下手術は30~50万と考えましょう。健康保険が適用される場合は5万円程度になります。

吸引法は15~20万程度、超音波治療は18~30万程度となります。専用機器使用で20~40万程度が相場になっています。

わきがの傷跡が残らない方法を考える

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)