気になる!わきが手術の費用について

わきが手術の費用はどのぐらいなのでしょう。いろいろな方法があり、クリニックによっても呼び方も違い、価格にも違いがあります。

そこで大体のところを知っておくと便利ではないでしょうか。また保険適応はどうなっているのでしょう。

わきが手術の場合、基本は保険外診療になります。しかし医師が認めた人に限り保険適応が受けられます。



という限定条件が付きます。わきが手術として脇の下の皮を切開して、アポクリン腺を取りのぞく方法の場合、20万~50万円と大きく価格の違いがありますが、大体この範囲内程度の料金と言われています。しかし保険適応されると5万円程度になります。

まずそのクリニックが、保険診療をしているかという問題があります。保険診療は一切行わないというクリニックも多いので注意が必要です。

そして、その上で医師が保険診療適応と認めた場合に限るわけです。つまり医師が重度のわきが状態で、生活していく上にも支障があると認めた場合に限ります。

ボトックス法は、軽度わきがの人におすすめの方法です。汗の量を調整することができるもので1回10万円前後となります。クイック法は軽度のわきがの人におすすめの吸引法式です。

メスを使わないタイプで15万円~20万円となっています。超音波サーマル法も軽度わきがの人向きで、超音波によってアポクリン腺を破壊します。価格は20万円~30万円程度です。

直視下手術は目視でアポクリン腺を切除していく方法で、20万~40万と言われています。

クイック法と軽い直視下手術の組み合わせで、中度わきがの人におすすめですが、約20万~30万円が相場のようです。

ミラドライは2回で50万円前後、シェービング法は傷が小さく機器を使うタイプですが、25万~35万円程度となります。

わきが手術の場合、



それによっては再手術を受けることになりますが、保障での手術はほとんどありません。再発したらそれは仕方ないとこととして、また手術をすることになるわけです。

傷跡の残らないタイプは再発率も高くなるため、再発の可能性を極力低くするなら、やはり傷跡の残るタイプの手術が確実と言われています。


わきが手術の値段

わきがの手術費用はわきがの手術方法も多様なので一概に言う事は出来ませんがアポクリン汗腺を完全除去する手術なら20万から50万円が一般的です。

永続的な効果を期待しないのなら5000円程度でも治療してもらえます

具体的に言えば湘南美容外科の場合なら完全摘出法で両脇198000円で極限まで傷跡を小さくできるマイクロ完全摘出法になれば両脇で398000円となります。

これが安いか高いかは人それぞれだと思いますが深刻な悩みが解決できるのなら惜しくはないと思います。

吸引するレーザーシェービング法で両脇198000円、皮膚を切らないミラドライで350000円となっています。

もちろん大抵の美容外科なら一括で支払う必要もなくローンも可能で月々なら15000円程度でも可能です。

さらに20%、30%の割引も用意されているので活用すればかなり安くわきが手術を行う事が可能になります


ワキガ手術の料金

ワキガの治療や手術の料金は、病院によっても幅があります。ここではいろいろな方法のザックリとした価格をご紹介したいと思います。

まず軽度なワキガの場合に行う方法で、アポクリン汗腺や汗のもとになる、エクリン汗腺の働きを抑制するためのボトックス治療の価格は1回が8万円~15万円となります。

軽度のワキガ手術でメスを使わずに、カニューレを皮膚の上から注入して、アポクリン汗腺を吸引する方法ですが、やはり8万円~15万円程度となっています。

超音波サーマル法という軽度ワキガの治療は、アポクリン汗腺を超音波によって破壊して熱処理をする方法ですが、この場合は両脇13万円~30万円の幅があります

反転剪除法は重度のワキガに向いている方法で、脇の下を大きく切開し、皮膚を裏返してアポクリン感染を除去していく手術です。

この方法は手術跡が気になる人には向きません。価格としては両脇で保険適用は5万円程度保険外では15万~32万円程度となっています。

中度のワキガの人に向いている方法で、クイック法と軽い剪除法の組み合わせのようなコンビネーション法は21万円です。

同じく中度のワキガの人向きでマイクロリムーブ法は25万円となります。同じ手術法でも治療法でも、随分料金に違いがあります

美容整形であれば、ちょっと割高だったりする場合もあります。有名美容整形では徹底した技術で行っているところもあり、高いけど信頼もできるという場合もあります

美容整形には行きたくない!

安いからと言っても技術も荒く薄利多売的な病院もあるので、価格だけでは決められない部分もあります。

価格だけでなく、口コミなども調べてみるのもおすすめです。手術の経験者の口コミには意外とリアルな意見がたくさんあります。


わきが手術の保険適用出来た場合の料金

保険適用のわきが手術の料金は保険外手術とはまったく違い、相当低価格で手術できるようになっています。

保険適用の場合、片方が18000円程度(両脇で4万6000円)と、クリニックによって違いがありますが、



と言われています。

保険適用外の場合が20万円から30万円と言われているので、4分の1~6分の1で行うことができるのです。

医師が保険外適用と認めてくれるかが問題ですが、そのにおいの程度で、医師が治療の必要があると判断すれば保険治療ができます。

特に保険適用に力を入れている病院もあるので、もし保険適用で行うことを望む場合は、そのような病院を選ぶようにしましょう。

やはり保険適用の手術の場合、機器を使った手術方法などではなく、皮膚を開きひっくり返してアポクリン腺を除去していく方法なので、医師の技術も重要になります。

わきが専門に行なっているクリニックで、保険適用を推進しているところは、たくさんの人の体験があるため、技術的にも信頼できるのではないでしょうか。

保険適用の手術は殆どが剪除法なので、逆に考えれば一番再発の少ない方法です。切り口が大きいので傷跡が気になると言われますが、綺麗に縫われていればそんなに目立ちません。

どうしても傷の小さい手術を望むなら、やはり保険適用外の手術となるので価格も数十万になってしまいます。

ここで1つ注意として、クリニックによっては、広告では保険適用できるということを全面に謳っているものの、実際に診察に行くと結局保険適用外手術を勧めるというクリニックもあります。

保険適用という言葉は、結果的に宣伝文句だったとう場合もあるので、そのような病院であれば別の病院に相談にいくようにしましょう。


わきが手術での保険

わきが手術の場合、保険適用でできれば大体5万円程度で手術ができてしまいます。低価格で行う場合は、まず保険適用のクリニックを探すことです。

ただし医師が保険適用と判断した、わきがでなければ保険適用はされません

しかし保険適用がないクリニックでは適応判断もされないので、とにかく保険適用のできるクリニックを調べて、診断してもらうようにしましょう。

わきが手術の場合、保険外診療では大体20万円から30万円と言われています。一時、保険適用では儲けがないということで、わきがの保険適用をしない病院が多かったようです。

しかし最近では「わきがは保険で治せます」という謳い文句の病院も出てくるほど、保険適用病院も増えてきました。

大阪や東京、福岡、名古屋など大都市には保険適応のクリニックが特に増えているようです。

また保険適用の判断についても、1つの病院では保険適用は出来ないレベルと言われても、他の病院では保険適用レベルと判断されることもあります

つまり医師の判断に任せられているので、病院によっては保険適用判断は違うのです。

ただし、その条件として決まった手術方法が基本となるので、自由に手術法を選択することはできません。

現在、保険適用で行われている手術は殆どが皮弁法となります。皮を切り取る切除法ではメスで切開するのではなく、皮膚を裏返すためのメス切開となります

皮膚を裏返すとアポクリン腺がどこにあるかはっきり分るため、それをハサミで除去するという方法です。その後、切開したところを縫い合わせます。

クリニックによって、他の方法での保険適用はまず難しく、殆どはこの方法になります。


保険適用で行うわきが手術・金額について

わきが手術を行うと、ほとんどのクリニックでは保険適用外手術となります。保険適用のできない手術の場合の価格は病院によって違いますが、大体の価格をまとめてみましょう。

まず、穴を空けて管を入れてそこからアポクリン腺を吸引する、軽度わきが手術の吸引法は9万~15万程度となっています。

しっかり皮膚の裏のアポクリン腺をハサミで切り取る、剪除法などの場合は15万~30万程度になります。

それに比べて保険適用の場合は、剪除法のみとなりますが料金は5万円程度となります。

ただし保険適用を行っている病院でなければ受けられません。今の現状では、まだ保険適用手術を行っていないクリニックもたくさんあります

少し前までは保険適用は収入にならないので、行わないというクリニックがほとんどでした。しかし最近では保険適用を売りにしているクリニックもあるようです。

また大学病院や大きな病院の形成外科では、保険適用の手術を行っているところがほとんどです。

ただし保険適用を売りにしているクリニックでは、保険適用より他の手術法を勧められるということもあります。

つまりあくまでも保険適用は、そのクリニックの売りのためだけという場合もあるので注意しましょう。

保険適用ができるのは、医師が認めた場合のみです。つまり医師の判断基準はありますが、やはり医師の感覚によっても違うので、逆に一つのクリニックで認められなくても他のクリニックもチャレンジしてみましょう

きちんとしたクリニックなら、いくら儲けの少ない保険適用であっても、きちんと手術を行ってくれるはずです。まずわきが専門のクリニックで、保険適用の行っているところを選択してみましょう。

また保険適用は剪除法のみなので、他の手術法を望むなら保険適用は向きません。しかし剪除法は跡も残りますが、再発率も低く徹底的にわきがを封じ込めることができます。

徹底的にわきが対策をしたい人、重度のわきが、低価格で手術をしたい人などは保険適用がおすすめです。

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)