最大の懸念!わきが手術は再発するのか?

わきが手術は1年から数年後に再発することもあると言われています。手術方法もいろいろあり、その再発率も違うようです。

再発しないわきが手術はどんなタイプの手術のでしょう?他に条件はあるのでしょうか。再発なしのわきが手術について考えてみましょう。

わきが手術の中でも直視下摘除法はしっかり皮を剥いで、医師の目視でアポクリン腺を取りのぞくという方法になります。

他にも電磁波(マイクロウエーブ)や超音波、レーザーなどでアポクリン腺を破壊するという方法もあります。

しかし、すべてのアポクリン腺を破壊することができないと臭いは消えません。そのために手術しても臭いは減るものの、残ってしまうということもあります。

そうなると時間の問題で再発ということも考えられます。

また小さな穴から吸引して、アポクリン腺を取るという方法もあります。しかし、確実に目視してアポクリン腺を取ることができないので再発率は高くなります

やはり確実に再発率が低い方法は直視下摘除法のようです。ただし医師の技術によって



確かに再発は絶対に避けたいものですが、再発しないためには、やはり確実に技術の高い医師による直視下摘除法がおすすめではないでしょうか。

しかしもっと簡単なレーザーや超音波、電磁波、吸引などのメスを使わない手術でもあっても、再発しない人もたくさんいます。

特に医師の技術にあまり左右されずに、確実に傷も残らずわきが手術ができると言われています。

ただし、どうしてもアポクリン腺が残ってしまう可能性はゼロではなく、確実に臭いが消えなかったり、再発することも考えられます

これはその人のわきがによっても個人差があるので、まずこの方法で行ってみて再発したら直視下摘除法を行うようにするという考え方もあります。



という部分があるので、どのように考えるかはその人によってそれぞれです。しかし絶対に再発しない方法は、やはり医師の高い技術と直視下摘除法ということになります。


わきが手術の再発率について

わきが手術の再発は、多くの人が悩んでいるのではないでしょうか。でもこれは



でもあり、特に手術の方法や医師の技術によっても再発率が違ってきます。再発率の低い手術を受けるには、どのようなことが必要なのでしょう?

わきが手術は今、本当にクリニックそれぞれで、おすすめ手術法が違うようです。やはり医師の目視によってしっかりアポクリン腺を取っていく直視下剪除法が、一番再発率が低いのは当然かも知れません。

しかし、それより機械を使った方法や吸引方法などを勧める医師もいるようです。

それぞれの医師には、それなりの思いがあるのでしょう。確かに簡単な吸引法や機械を使った方法でも、再発しない人もたくさんいるわけです。

つまり再発しなければ、その方がずっと簡単で跡も小さくメリットが多くなります

それだったらまず簡易手術を行ってみて、それから駄目だったら再発率の低い直視下剪除法を行うという考え方もあります。

再発率は手術法だけではありません。もちろん直視下剪除法が一番再発率は低くなりますが、医師によってまったくその確率は違ってきます

例えば経験と技術のある医師の執刀なら、100%再発しないという場合もあります。しかし医師によっては同じように直視下剪除法を行っても70%程度ということもあるのです。つまり



ということも忘れないようにしましょう。

ではどのような医師を選ぶといいのでしょう。再発のない手術を行っている医師は専門医であり、確実に直視下剪除法を勧めています。

自信がない医師は他の方法を新しい新技術のように宣伝しますが、もともと新しい方法ではありません。

確実に再発しない手術をする自信のある医師を選ぶようにしましょう。そのためには口コミなども参考にしてみるといいかもしれません。

もちろんそれだけを参考にすることは危険ですが一つの参考にはなるはずです。


わきがの再発の理由は?

わきがの再発の理由にはいろいろなことが考えられます。いくつかの要因が重なっていることもあるかも知れません。

どのような理由があるのかを知ることで、再発に至らないように注意することもできるのではないでしょうか。

まずはアポクリン腺除去の時期ですが、アポクリン腺の



ほとんどは13歳頃からわきがの原因のアポクリン腺の発達が始まり、17歳前後に発達が終ると言われています。

しかし個人差があり、20歳すぎまでアポクリン腺の成長が続いていた場合は、その後の手術でなければ再発の可能性があります。

わきがの汗を出すアポクリン腺と、一般の汗を出すエクリン腺があります。除去できるのはアポクリン腺とエクリン汗腺の一部であって、エクリン汗腺は基本的には取り除けません。

しかしたまに人によってはアポクリン腺がなくなると、エクリン汗腺がアポクリン腺の代わりになるアポエクリン汗腺を持っている人もいます。

アポエクリン汗腺を見逃さずに、深く剥離して取り除けていなければ再発します。逆にアポクリン腺がきれいに取れていたり、減ったまま増えなければ再発には至りません

しかし残ったアポクリン腺がどんどん再生して増えるタイプも人もいます

そうなると1年程度でも再発することがあります。この場合は吸引式の手術をした後に起こることがほとんどです。

しっかりメスによって、医師の目視でアポクリン腺を取る手術をした場合は再発は少なくなります。もちろん医師の腕によっても再発率は違ってきます。

ただし、再発したから医師の技術に問題があったとは、直接つながらないこともたくさんあります。

再発した場合は、より技術のしっかりした経験の多い医師を選ぶことも重要ではないでしょうか。

また最初から簡単な手術でなく、しっかりした手術をした方がいいかというと、そうとも言い切れないようです。吸引タイプの手術は再発率が高いと言われていますが、再発しない人も沢山います

ただし、わきがの程度によっても違うので、信頼できる医師と相談して決めるようにしましょう。

ワキガの発祥地アポクリン汗腺


若いうちに行うと再発するリスクが高い

わきがの手術をするなら、できるだけ早いうちにしたいと思う気持ちは分かりますが、実は



のです。ワキガ自体、現在発育が良くなったこともあり小学校高学年頃から発症することが多くなりました。

しかし小学校、中学校、高校時代はまだまだ成長期。ワキガの原因となっているアポクリン腺はこの時期はまだまだ発達中と言っても過言ではありません。

この時期にもし切開をして、徹底的にアポクリン腺を排除したとしても、またアポクリン腺が発症してしまいます。また手術は簡単なものではなく、術後もとてもつらい思いをしなければなりません。

傷跡も成長期に行うことで、



そのため若い年齢のうちにわきが手術を行うことは絶対におすすめできません。また臭いのピークは特に20代前半が一番強いとき。

20代半ばになると臭いも弱くなる人も多く、その頃まで待ってみるのもいいのではないでしょうか。一般的に医師が勧めるのは20歳を過ぎてからと言われています。

それまでに是非試して欲しいのがデオドラントの使用です。わきが用のデオドラントは「強力な制汗作用」で汗を抑え、もし汗をかいても臭い菌が集まらないような「強力な殺菌力」。

そしてもし臭いが出ても臭いを消す「強力な消臭作用」という3段構えで、しっかりわきがをサポートしてくれます。

そのため手術ができる年齢になるまでは、デオドラントを上手に利用するようにしましょう。そしてデオドラントで何とか落ち着くなら、手術をしなくても済む場合も。

この場合、一般向けのデオドラントを使うと失敗につながります。きちんと



例えば「クリアネオ」「ノアンデ」「クリアンテ」「デオプラスラボ」「ネオテクト」など、さまざまな高品質デオドラントがあります。

一般向けに比べ価格は少し高めになりますが、その効果はまったく違った強力なパワーがあるので、まず一度試してみましょう。

(参照:クリーム・デオドラントで対策


わきがの再発による手術について考える

わきが手術後の再発の可能性があり、そのときにはもう一回再手術をすることになります。さて再手術について、どのような問題はあるのでしょうか。まずは、わきがの手術後に再発する理由から考えましょう。

まず、わきがの手術によって



という場合があります。吸引式の手術は簡単でメスも使わない代わりに、アポクリン腺が残ってしまう場合もあります。

アポクリン腺は再発力があるので、それがまた増えてしまったという可能性があります。

メスを使って医師の目視によってアポクリン腺を取りのぞいたとしても、医師の技術が低ければ残ることもあります。

また、どうしても人間の目視では分らない部分もあり、そこから再発することも考えられます。

わきがの汗が出るアポクリン腺を取りのぞいても、絶対に取りのぞけないのが一般の汗をかくエクリン腺です。

ところが人によってはアポエクリン腺がなくなると、エクリン腺がアポエクリン腺の代用になってしまうという、両方の性質を持っているアポエクリン腺を持っている人もいます

この場合は医師がそれに気付き、剥離をより深くしていく必要があります。

再手術については、アポクリン腺が残っていることから再発することがほとんどです。再手術ではしっかり脇の皮をめくって深い剥離により、できるだけすべてのアポクリン腺を取りのぞく手術をすることになります。

しっかりした技術をもった医師によって、きれいにアポクリン腺を取りのぞいてもらうようにしましょう。

ただし、医者では治せないのが感覚です。今までエクリン腺の汗の臭いとアポクリン腺の臭いの両方をわきが臭と意識していたわけです。

わきがの臭いの元であるアポクリン腺をなくしても、エクリン腺の汗に臭いは残りますが、これは絶対に摂れない臭いなのです。

つまりアポクリン腺の臭いエクリン腺の汗の臭いの違いが分らない人は、また再発したと感じる場合があります。そのためには、しっかり



なのです。


わきがの再発についてブログから見えること

わきが手術後の再発もときどきあるようです。わきが手術後の再発について書かれている、ブログなどからも見えてくることもあります。

せっかく手術をしたのに、また再発するということはできる限り避けたいことです。いろいろな人の再発の症例から、わきが手術後の再発について考えてみましょう

わきがの手術後の再発は、ブログからも感じるところがあります。それはアポクリン腺吸引クイック法という手術後の再発が多いということです。

とても簡単でメスも使わないわきがの手術のため、軽度、中度の人などが行う人気の手術です。

脇の下にちょっとだけ穴を開けて、あとはそこから吸引器を入れて、全体のアポクリン腺を吸引します。

しかし、この方法では医師が目視して、きちんとアポクリン腺を取りのぞくことができないこともあり、その残りがまた再生してしまったということが考えられます。



個人差があるので一言で、みんな同じように再発するとは言い切れませんが、アポクリン腺は再生能力があり、取り残しから増えていくということが考えられます。

アポクリン腺が発達しだすのが思春期からなので、わきがの臭いが気になり始めるのもこの頃です。そこで特に思春期などは、すぐにでも手術したいと考えてしまいます。

しかしアポクリン腺が発達しているうちは、手術をしても再発してしまう可能性があるのです。完全にアポクリン腺の発達が止まるのは17歳程度と言われています。

きちんと検査をして、発達が止まった時点で手術をするようにしましょう。

ブログでもクイック吸引法の手術をした人と、比較的若いときに手術をした人に再発が起こっていることが見えてきます

できれば臭いを消す薬などを付けたり、清潔を保つなどして20歳までは待った方が無難なようです。

もちろん発達が止まる年も個人差があるので、検査を受けてから手術をするようにしましょう。

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)